冠婚葬祭で避けるべき服装

マナー知らずとは言わせない!冠婚葬祭の服装特集

難しい冠婚葬祭の服装

通夜、お葬式、告別式などに着ていく服装は、冠婚葬祭の中でも特に気を配るべきです。 ご遺族を最大限労わり、不幸の中でくれぐれも不快な思いをさせてしまわないように、喪服のマナーには気を付けましょう。 もしかしたら勘違いしている事もあるかもしれませんよ。

華やかな結婚式では

もし結婚式にお呼ばれされたとき、選ぶ服装で一番気を付けなければならないこと、わかりますか? そう、主役である新郎新婦より目立たないことです。 お祝いの席を盛り上げることと、悪目立ちすることは違います。 スーツの色、ドレスのタイプなど、よく考えて選びましょう。

ご遺族への気遣い

その場にあった服装選びって大変ですよね。
自分の好みで楽しく決められるオシャレとは違って、冠婚葬祭で着て行く服装は、相手のことを考えて慎重に選ばなければいけません。
特に日本は些細な部分にも意味を持たせる文化がありますので、きちんと知っていなければ間違った服装を選んでしまう危険があります。

冠婚葬祭用の服は決してやすいものではありませんので、一度買ったら数年は同じものを着るという方がほとんどだと思います。
買うときは店員さんに聞いたりなどして、マナーもきっちり頭に入っていたでしょうが、また着る機会があって押入れから引っ張り出してきたとき、果たしてどんな服装が正しいか覚えていますか?
お葬式用のフォーマルはあるけれど、コートやかばんやストッキングや靴はどんなものを履けば良いのか、すぐに答えられますか?
筆者の私は答えられませんでしたし、調べてみて初めて知ることだらけでした。
もしこれを知らずに、自分のセンスだけで服装を決め、冠婚葬祭の場にでかけてしまったらと、想像するだけで血の気が引きます。

冠婚葬祭には、避けるべき服装マナーがたくさんあります。
知らなかった、では済まされません。
非常識でマナー知らずだという印象を相手に持たれてしまいます。
今回、お葬式、結婚式、子供の入学式と卒業式に着る避けるべき服装についてご紹介していますので、ぜひ冠婚葬祭に着て行く服装選びの参考にしてみてください。
マナー知らずのレッテルを貼られてしまわないよう、気を付けましょう。

子供のお祝いの場にも

子供の入学式や卒業式では、子供に着せる衣装だけではなく、親御さん自身が着る服にも気を配ってください。 あまりに場違いな服装で学校に登場してしまえば、子供が恥をかいてしまいます。 入学式と卒業式で着るスーツ選びのヒントになれば、と思いいくつかポイントをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

TOPへ戻る