マナー知らずとは言わせない!冠婚葬祭の服装特集

難しい冠婚葬祭の服装

お葬式で気を付けるべき点

​冠婚葬祭の中でも一番服装に気をつけなければならないのはお葬式です。
喪に服す服装ですから、ご遺族に失礼のないようにしたいものです。
ここではお葬式で避けるべき服装をお伝えします。

フォーマルには正式と略式がありますが、もしあなたが参列する側であれば略式を着用してください。
正式なものはご遺族と同等、もしくは格上となってしまいます。
また、腕に喪章を巻くことで喪服の代わりになるといった考えがあるようですが、喪章はご遺族や関係者が付けるものですから、これは間違いです。
急な訃報で急遽駆けつける時は、逆に私服で行かなければいけません。
急であるのに正装ということは、不幸を予測していたという意味にとられてしまうそうです。

コートとアクセサリー

​次に、お葬式の場における女性の服装について述べていきたいと思います。
これはビジネスのマナーでもありますが、寒い季節にコートを着て式に訪れた際は、建物内はコートを脱ぎます。
屋外でのお焼香は着ていても問題ありませんが、コートの材質は毛皮や革は避けましょう。
殺生を連想させるそうです。
コートだけでなく、マフラーや手袋も同様です。

アクセサリーは結婚指輪だけにしますが、もしパールネックレスをつける際は、必ず一連のものを選んでください。
二連のものは不幸の重なりとして良くありません。
スカートは膝が見える丈はやめましょう。
喪服を着るときはなるべく露出を少なくすることが大事です。
ストッキングの色にも気を配るようにしてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る