マナー知らずとは言わせない!冠婚葬祭の服装特集

華やかな結婚式では

結婚式での男性の服装

​ここでは結婚式での避けるべき男性の服装について述べていきます。
もし結婚式にお呼ばれされたなら、身につける服はもちろんフォーマルなスーツですが、いくつか注意点があります。
まず第一に、主役である新郎とかぶる白色のスーツは良くありません。
また、新郎よりも目立ってしまうピンクのような奇抜な色やデザインも避けましょう。
逆に黒いシャツなど、暗い色はお祝いの場には相応しくありません。

ネクタイや靴下にも気を配りましょう。
アニメ柄やアニマル柄や黒いネクタイはNGです。
お葬式と同じく、アニマル柄は殺生を、黒いネクタイは喪に服すことをイメージするからです。
靴下は白いものではなく、黒を選ぶようにしましょう。長さはミドルが好ましいです。

結婚式での女性の服装

​次に女性です。
基本は男性と同じく、主役である新婦とかぶらないことが大事です。
そうなると白でコーディネートするのは避けたほうが良さそうですね。
もし白い服しかないのであれば、羽織るものを濃い色にしましょう。
白しか持っていないからといって、チャイナドレスなど和装と洋装以外のドレスは相応しくありませんので、選ばないようにしましょう。

また、女性に気をつけて頂きたいのは、華やかに着飾ることはお祝いの場を盛り上げる上で良いですが、くれぐれも新婦より目立たない程度に抑えることが重要です。
従って、肩や膝の露出があるドレスはパーティの場なら良いですが、結婚式では控えたほうが良いかもしれませんね。
常識だとは思いますが、お葬式のように黒い服やリクルートスーツは相応しくありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る