マナー知らずとは言わせない!冠婚葬祭の服装特集

子供のお祝いの場にも

入学式と卒業式

​では、その他の冠婚葬祭、例えば子供の入学式や卒業式はどうでしょうか。
調べてみた印象では、お葬式や結婚式もそうですが、その式が祝いの場なのかそうでないのか、などその雰囲気をきちんと重視しなければならないようです。

入学式は子供の進学のお祝いで、華やかで明るい雰囲気です。
一方卒業式は、これもお祝い事ではありますが、お別れ会という面が強いため、しんみりと落ち着いた雰囲気です。
従って選ぶスーツの色ですが、入学式には明るいパステルカラーや白、逆に卒業式では黒や紺やグレーなどが相応しいと言えますね。
ですが、子供の通う学校によってそれぞれの雰囲気というものがあるはずですから、事前に先生やママ友に聞いておくと安心です。

子供に恥をかかせないために

​結婚式同様、子供の入学式や卒業式でも、誰が主役なのかをきちんと考えて服やアクセサリーを選びましょう。
あまりに派手で華美なものを選んでしまうと、子供よりも目立ってしまいマナー違反となってしまいます。
それだけではなく、子供に恥をかかせてしまうかもしれませんね。
子供は過敏ですから、それが原因でイジメに繋がってしまいかねません。

もしアクセサリーを付けるとしたら、パールやシルバーのシンプルなものが好ましいです。
靴も落ち着いたパンプスが無難です。
派手なミュールやヒールの高すぎるものやスニーカーは場違いですね。
スーツが落ち着いていれば、それに合う靴も自然と落ち着いたものになると思うので、やはりスーツ選びが重要でしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る